住宅

日本は持ち家率が世界的にも高い国であり、個人で一戸建てやマンションを購入して自らの資産としています。
実際に東京などの都市部では土地価格が高額であることから、マンション購入に人気があり、地方都市では一戸建てに人気があります。
このように、地域によって購入方法は異なりますが、賃貸物件ではなく自らの資産となる不動産を購入することが日本では大きな目標となっています。
バブル景気崩壊後は土地価格も下落していることから、比較的安く不動産を購入することが出来るのです。

住宅の購入
建売住宅の購入と注文住宅の購入がありますが、建売住宅については、住宅建設会社が資材などを一括購入することから、比較的安く購入することが出来ます。
しかしながら、建売住宅はすでに完成した物件を購入することから、施工状況などを確認することが出来ないことから、入居後に不具合があった場合には原因の確認が難しいという課題もあります。
しかしながら、大手施工会社が建設した住宅については、品質がしっかりしているという利点もあります。

注文住宅の購入
理想の住宅を購入したい場合には、注文住宅が最適と言えます。
設計段階から携わることが出来るため、家族の構成に合わせた間取りや将来的な間取りの変更を踏まえた設計などが可能となります。
また、自然素材を利用した家造りも可能であることから、古民家風の家から外国の住宅をイメージした家などを作ることが出来るので、このような施工は一戸建て住宅でのみ可能であることから、理想の家を作ることが出来る一戸建て住宅の大きな利点となっています。

一戸建て

ずっと暮らすことになるマイホーム。
どうせ一戸建てを建てるのなら、自然素材を使った家を建てたいという人が増えています。
例えば壁に珪藻土や漆喰(しっくい)を使ったり、床板や建具にはできるだけ無垢の木を使いたいなど、調べていくうちにいろいろと希望が出てくることでしょう。
自然素材を使った家は自然のぬくもりにあふれています。
もともとアレルギーやアトピーを持っている家族がいるという場合もあるでしょうし、シックハウスが心配という方もいらっしゃることでしょう。

注文住宅なら可能
しかしこういった自然素材の家は、どのハウスメーカーでも作れるという訳ではありません。
大手のメーカーは、自社工場で建具などをある程度まで作り上げ、現場で組み合わせる、という工法でコストダウンをはかっています。
ですから無垢材のドアや、規格外の輸入建具などを使いたいと思っても、なかなか使用できないのです。
そこで、自然素材の家を建てるなら注文住宅で、ということになります。
小さなハウスメーカーでもしっかりしたノウハウを持ち、自社オリジナルのプランを用意している会社も増えてきています。

コストとのバランス
注文住宅となれば、やはりコストがかかってきます。
同じ大きさの建売と比べると、坪単価もグンとアップするでしょう。
コストと理想のバランスを取ることが大切です。
無垢の床材などは、トイレなどの水周りには不向きです。
トイレや脱衣所、風呂など機能面を重視する場所は普通の作りにし、リビングや子ども部屋など家族が長時間過ごす場所には自然素材を惜しみなく使うなど、メリハリのきいたプランがおすすめです。
また土地柄によっても、湿気が多い、日差しが強いなど条件が異なってきます。
できるだけ地元の、自然素材に詳しいハウスメーカーを探しましょう。

黄色い一戸建て

最近では子供のアレルギーも増えているので、マイホームを新築する場合にも建材へのこだわりが重要です。
そこで注文住宅を建築する場合にも、自然素材の建材を厳選して活用する建築事例が増えているのです。
特に国産の木材をふんだんに使った木造建築であれば、気候に合わせて快適に暮らせるマイホームを実現できるのです。
とりわけ湿度の高い真夏であれば、湿気を吸収する木材のメリットを最大限に生かしたマイホームが実現可能です。

永住可能な住宅
最近では建築技術の向上もあるので、在来型の木造建築であっても高い耐火性や耐震性が実現可能です。
そのために永住可能なマイホームを建てるときにも、オリジナルの木造の注文住宅を建築するケースが増えているのです。
また建物を長持ちさせたいときにはしっかりとしたメンテナンスが必要なので、建築後は修繕計画をしっかりと立てることが重要です。
また業者を探すときには、アフターサポートの充実を重視して良い業者を選ぶべきです。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年11月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930